8月13日 日曜日

8月13日 日曜日

 ヴィラ・ノヴァ・オウレンの町の役所の部長であるあるトゥロ・デ・オリヴィア・サントスは子どもたちに、「秘密」を明かさないなら殺してやると脅し、牢屋に閉じ込め、8月13日に予定されていた聖母の出現のためにコーワに行くことを妨げました。しかし、このような陰謀もマリアを止めることは出来ず、8月19日に出現してくださいました。
 聖母は、小さな牧童たちが毎日聖なるロザリオを唱えるというご自分の望みを告げ、町の権威者たちが子どもたち捕まえたことの罰として、10月の奇跡はそれほど大きなものにはならないとおっしゃいました。コーワに遺されたお金をどうしたらよいか、ということに関するルチアの質問に対して、聖母は次のようにお答えになりました。「二台の担ぎ台を作りなさい。1つはあなたとヤシンタと2人の白い衣を着た少女たちが担ぎ、もう1つはフランシスコとあと3人の少年たちが担ぐためです。お金は、ロザリオの聖母の祝日を荘厳に祝うために使いなさい。残りは、ここに建てるはずの聖堂を建てるために助けとなるでしょう。」
 ルチアが数人の病人の癒しを願うと、聖母は今年中に癒されるとおっしゃり、この8月の出現を次のように締めくくりました。「祈りなさい。罪人のために祈り、犠牲を捧げてください。自ら犠牲を捧げる者も、彼らのために祈る人々もいないために、多くの魂が地獄に落ちているからです。」


もどる

天使と牧童たち

5月13日

6月13日

7月13日

8月13日

9月13日